2024/06/21eラーニングの知識

リスキリング市場規模:企業の人事担当者が知っておくべき最新情報

リスキングを導入する企業が増えているって本当?

リスキリングの重要性がますます高まる中、企業が注目すべきはその市場規模の急速な拡大です。技術革新やデジタルトランスフォーメーションが進行する現代、企業が競争力を維持するためには、従業員のスキルアップが不可欠となっています。

本記事では、リスキリングの基本概念から最新の市場データ、導入事例までを徹底解説し、人事担当者が知っておくべき最新情報をお届けします。リスキリング市場の現状とその規模を理解し、効果的な施策を打ち出すためのヒントを得ることで、組織の未来を切り拓く準備を始めましょう。

1.リスキリングとは


リスキリングの定義

リスキリングとは、従業員が新たなスキルを習得し、現在の仕事や新しい役割に適応できるようにするプロセスを指します。技術の進化や業務内容の変化に対応するためには、リスキリングが欠かせません。この取り組みによって、従業員は新しい業務や役割に対応できるスキルを身につけ、企業は競争力を維持することができます。

アップスキリングとの違い

リスキリングとアップスキリングは一見似ているようで、実際には異なるコンセプトです。アップスキリングは既存のスキルを向上させることに焦点を当てていますが、リスキリングは新しいスキルの習得を目指します。例えば、マーケティング担当者がデジタルマーケティングのスキルを深めるのがアップスキリングであり、マーケティング担当者がプログラミングのスキルを新たに習得するのがリスキリングです。

また、リスキリングと混同してリカレント教育も使われることが多々ありますが、これも異なるコンセプトです。

関連記事:リカレント教育とリスキリングの違いは? メリット・デメリット、経済産業省・文部科学省の関連事業を解説

リスキリングの具体例

リスキリングの具体例として、製造業の従業員がデジタル製造技術を学ぶことや、マーケティング担当者がデータ分析のスキルを習得することが挙げられます。また、IT部門のスタッフがサイバーセキュリティの専門知識を身につけることもリスキリングの一例です。このように、新たな知識やスキルを体得することで従業員は新しい役割や業務に適応できるようになります。

リスキリングがもたらす効果

リスキリングは、企業にとっても従業員にとっても多くのメリットがあります。企業としては従業員がリスキリングすることによって市場での競争力を維持し、イノベーションを促進することができるでしょう。さらに、リスキリングによって従業員のエンゲージメントが向上し、離職率の低減も期待されています。

従業員にとっても、新たなスキルを習得することでキャリアの幅を広げ、市場価値を高めることが可能です。

関連記事:リスキリングには意味がない?企業でリスキリングを進める効果的な方法について解説

2.なぜ今リスキリングが重要なのか


技術の進化とデジタルトランスフォーメーション

現在、技術の急速な進化に伴い、デジタルトランスフォーメーションが進行中です。これにより、従来の業務が大きく変わり、新しいスキルセットが求められるようになっています。例えば、人工知能(AI)や機械学習、ブロックチェーン技術の普及が、業務プロセスやビジネスモデルに大きな影響を与えようとしているのです。企業はこれらの変化に対応するために、従業員のスキルセットを見直し、必要なスキルを新たに習得させる必要があります。

労働市場の変化とスキルギャップ

労働市場も急速に変化しており、スキルギャップが拡大しています。特に、デジタル技術の進化に伴い、高度なITスキルやデータ分析スキルが求められる一方で、これらのスキルを持つ人材が不足しています。このギャップを埋めるためには、従業員のリスキリングが欠かせません。リスキリングを通じて、企業は必要なスキルを持つ人材を内部で育成することができ、外部からの人材採用に頼るリスクを減少させることが可能です。

企業の競争力維持のための必要性

企業が競争力を維持するためには、最新の技術や市場の動向に対応できる人材が必要です。リスキリングは、企業がこのニーズに応えるための有効な手段で、特にグローバル市場で競争する企業にとって、技術の変化に迅速に対応できることは重要な競争優位性をもたらします。リスキリングを進めることで、企業は市場の変化に柔軟に対応し、新たなビジネスチャンスを捉えることができるでしょう。

従業員のエンゲージメントとリテンションへの影響

従業員のリスキリングは、エンゲージメントの向上やリテンション(人材流出防止)の強化にもつながります。新たなスキルを習得することで、従業員のモチベーションが向上し、離職率の低減が期待されるからです。また、リスキリングは、従業員にとって自身のキャリアパスを拡大する機会を提供するため、企業に対する忠誠心や満足度の向上も期待できます。結果として、企業は優秀な人材を長期間にわたり確保することができるのです。

3.リスキリングの市場規模


最新の市場データと予測

リスキリングの市場規模は急速に拡大しています。「日本の人事部」が行った2024年の最新調査によると、企業の43%がリスキリング施策を実施しており、特に大企業ではリスキリングの実施率が高く、60%以上の企業がその成果を実感しているとのことです。一方、中小企業やスタートアップではリスキリングの実施率はやや低く、33.2%にとどまっていますが、デジタル人材の育成に対する重要性が大企業・中小企業ともに認識されつつあります。

出典:日本の人事部『企業におけるリスキリング施策の実態調査 (2024年3月版)』(2024/04/02)

日本においては、少子化と人材不足が深刻な問題となっており、リスキリングを通じて既存の従業員を最大限に活用することが今後ますます重要になると予測されています。企業は新たな事業戦略としてリスキリングに取り組む必要性が高まっており、この動きは加速する可能性が非常に高いでしょう。

以上のように、リスキリングの市場は今後も拡大し、企業の競争力向上に欠かせない要素として注目されています。企業規模や業種に関わらず、デジタル技術の進化に対応するためのリスキリングが急務とされており、その重要性はますます増していくのです。

成長の要因

リスキリングの市場規模が急速に拡大している背景には、政府が推進する三位一体の労働市場改革が大きな要因となっています。2024年6月11日に発表された政府の「経済財政運営と改革の基本方針(骨太方針)」において、リスキリングを重要な施策として位置付け、全世代に対する能力向上支援を推進することが明示されました。

具体的には、教育訓練給付の給付率が従来の最大70%から80%に引き上げられ、教育訓練休暇中の生活を支える新たな給付金が創設される予定です。さらに、地域の産学官のプラットフォームを活用し、経営者を対象としたリスキリングの取り組みも強化されます。2029年までに約5,000人の経営者等の能力構築が目指されており、大学と業界が連携して最先端の知識や戦略的思考を身に付けるリスキリングプログラムが創設されます。2025年度中には約3,000人がこのプログラムに参加する予定です。

このような政府の積極的な支援策により、リスキリングの市場は今後も拡大し続けると予測され、企業の競争力向上に不可欠な要素として注目されています。リスキリングは、デジタル技術の進化に対応し、企業の持続的な成長を支える重要な施策として、その重要性がますます増しているのです。

出典:内閣府『第8回会議資料:会議結果 令和6年 「経済財政運営と改革の基本方針2024 (原案)p7」 』(2024/06/11)

4.リスキリングにおける国際比較


各国のリスキリング市場の現状

各国におけるリスキリングの取り組みは異なります。先進国では、リスキリングに対する投資が積極的に行われており、特にITスキルの習得が重視されています。例えば、アメリカやヨーロッパ諸国では、政府がリスキリングプログラムを推進し、企業も積極的に参加しています。一方、発展途上国では、リスキリングの取り組みが遅れていることが多く、スキルギャップの問題が深刻化しています。

政府や企業の取り組み事例

アメリカでは、政府がリスキリングプログラムを推進しており、企業も積極的に参加しています。例えば、アメリカ政府は「TechHire Initiative」というプログラムを通じて、低所得者層や若年層を対象にITスキルの習得を支援しています。また、マイクロソフトやグーグルなどの大手企業も、自社の従業員向けにリスキリングプログラムを提供しています。これにより、企業は最新の技術に対応できる人材を内部で育成しています。

出典:アメリカ政府『TechHire Initiative 』(2015/03/09)

日本と他国の比較

日本と他国のリスキリングに対する取り組みには明確な違いが見られます。日本は少子化と人材不足を背景に、政府と企業が連携してリスキリングを推進しており、アメリカやヨーロッパ諸国では、高度なデジタルスキルの習得が経済社会と国力の発展のために重要視され、政府と企業が一体となって積極的な投資を行っているのです。

リスキリングは、デジタル技術の進化に対応し、企業の持続的な成長を支える重要な施策として、その重要性はますます増していくことでしょう。各国がそれぞれの課題に応じた戦略を取るため、企業としては、政府の政策の方向性を予測しながらリスキリングの推進を図ることが今後の成長と競争力向上の鍵となります。

5.企業でリスキリングを導入するためのポイント


導入のステップ

リスキリングを導入するためには、まず現状のスキルギャップを把握することが重要です。次に、具体的な学習プランを策定し、従業員に対して明確な目標を設定する必要があります。具体的には、以下のステップが有効です。

1. スキルギャップの分析:現在のスキルセットと必要なスキルの差を明確にする。

2. 学習プランの策定:必要なスキルを習得するための具体的なトレーニングプランを作成する。

3. 実施とモニタリング:トレーニングを実施し、進捗を定期的にモニタリングする。

4. 評価とフィードバック:トレーニングの効果を評価し、必要に応じてプランを調整する。

効果的なプログラムの設計

効果的なリスキリングプログラムを設計するためには、実践的なトレーニングとフィードバックの仕組みが必要です。リアルタイムでのフィードバックが効果を高めます。また、従業員が自分のペースで学習できる柔軟なプログラムも重要で、オンラインコースやワークショップ、実践的なプロジェクトを組み合わせることで、効果的な学習環境を提供することができます。

組織文化の変革

リスキリングを成功させるためには、組織文化の変革も重要です。学習を奨励する文化を育むことで、従業員の自主的な学びを促進できます。例えば、学習を推進するためのインセンティブ制度を導入したり、学習成果を評価する仕組みを整えたりすることが有効です。組織全体で学習を重視する文化を醸成することで、リスキリングの取り組みがより効果的になります。

導入後の評価と改善

リスキリングプログラムの効果を評価し、定期的に改善することも不可欠です。具体的には、定期的なアンケートやインタビューを通じて、従業員の意見を収集し、それを基にプログラムを調整します。また、学習成果を評価するための定量的な指標を設定し、トレーニングの効果を測定することも有効です。

6.リスキリングにeラーニングが適している理由


いつでもどこでも学習可能

eラーニングの最大の利点は、その柔軟性にあります。インターネットさえあれば、学習者は時間や場所を問わずに学習を進めることができ、仕事の合間や移動時間、家事の合間など、空いた時間を有効活用できるため、忙しい社会人にも最適なのです。特にリスキリングが必要な人々にとって、eラーニングは効率的に新しいスキルを習得する手段といえます。

対面研修に比べてコストが低い

eラーニングは、対面研修に比べてコストが低いため、企業にとっても経済的です。さらに、eラーニングは一度コンテンツを作成すれば複数の従業員が同時に利用できるため、スケーラビリティも高く、企業はコストを削減しながら従業員に質の高い学習機会を提供することができます。

学習の進捗管理が容易

eラーニングは、学習の進捗管理が容易に行える点も魅力です。多くのeラーニングプラットフォームは、学習者の進捗状況や理解度をリアルタイムで確認できる機能を備えています。これにより、学習者自身が自分の学習状況を把握しやすくなるだけでなく、企業側も従業員のリスキリングの進捗を効率的に管理することが可能となり、必要に応じて、追加のサポートやフォローアップも容易に行えるため、学習効果を最大限に引き出せるでしょう。

eラーニングは、リスキリングのための最適な手段として、多くの企業や個人に支持されています。柔軟性、コスト効率、そして進捗管理のしやすさという三つの大きな利点が、その理由です。リスキリングが求められる現代において、eラーニングはそのニーズに応える強力なツールとなるでしょう。

関連記事:企業の未来を左右するリスキリング(学び直し)とeラーニングのすすめ

リスキリングのためにeラーニングを導入するならイオマガジンに相談!


価格以上の使いやすさを追求!機能にこだわったeラーニングシステム IO Moodle イオムードル

リスキリング市場は急速に成長しており、企業にとって重要な投資分野となっています。技術の進化や労働市場の変化に対応するために、リスキリングは欠かせない取り組みです。企業の競争力を維持し、従業員のエンゲージメントを高めるために、リスキリングの導入を積極的に検討しましょう。

リスキリングを企業で推進していく際には、イオマガジンの「IO Moodle(イオムードル)」が役立ちます。

イオマガジンは、eラーニングプラットフォーム「Moodle(ムードル)」の正式パートナーとしてサーバー構築からカスタマイズ、運用までを一気通貫で提供しています。

eラーニングの導入に必要とされる動画制御機能、自動催促メール機能、学習進捗の一括表示などの機能を網羅した「IO Moodle(イオムードル)」は、多くの企業様への導入実績があり、さらに充実したサポート体制、ISO27001認証を取得したセキュリティ対策はご好評を頂いております。

「IO Moodle無料体験版」での比較検討も可能ですので、本記事を読んでeラーニングプラットフォームの導入に向けて動き出したい企業様、専門的な知識がわからず悩んでいる方でも、まずはお気軽にご相談ください。

今日のビジネス環境において、人的資本の育成と企業競争力の強化を図るための不可欠なツールとして、eラーニングプラットフォーム「IO Moodle(イオムードル)」の導入を積極的に検討してみましょう。

価格以上の使いやすさを追求したeラーニングシステム IO Moodle イオムードル

■「Moodle(ムードル)」とは?

eラーニングプラットフォーム「Moodle(ムードル)」は、現在、世界で4.0億人が利用しているeラーニングシステムです。レスポンシブデザイン採用のため、PCやタブレット、スマホなど、デバイスを選ばずに使えるマルチプラットフォーム型になっています。無償で配布されるアプリ(iPhone、アンドロイド)をご利用いただければ、通信環境がないところでも学習可能です。
配信コンテンツは、テキスト・PDF・動画・HTML5・SCORMなどにも対応。テストも、○×式・4択式・記述式・穴埋め式など、多彩な形式に対応しています。
大学や病院、大企業を中心に日本での導入実績も多く、使いやすいと評判のオンライン学習システムです。

■「Moodle(ムードル)日本語マニュアル(対象バージョン:4.1)」の一部を無料公開中!

「Moodle(ムードル)」には正式な日本語マニュアルが存在しません。そのため、「この機能はどのように使うの?」というちょっとした疑問を解決するのも大変です。そこで、イオマガジンでは日本語のオリジナルマニュアルを作成しました。基本的な機能から応用編の便利機能まで、画像付きでわかりやすく解説しているので、この一冊があれば、スムーズに「Moodle(ムードル)」を使いこなすことが可能です。すべての解説を収録した完全版オリジナルマニュアルは、1年間ご契約いただいたお客様の特典としてご提供しています。

■イオマガジンとは?

イオマガジンは、スタンダード市場上場の「城南進学研究社」のグループ会社であり、また「Moodle(ムードル)」の正式パートナーです。日本の大学や病院、企業さまに対し、「Moodle(ムードル)」の構築・運用・カスタムなどをサポートしています。「何度でもチャレンジできるセカイを」をモットーにしながら、人生100年時代の大人の学び(リカレント教育)をサポートしています。

▼Moodleに関するお問い合わせはこちらから

■本リリースに関するお問合せ■
株式会社イオマガジン:沖田、成家

hp: https://www.io-maga.com
e-mail: sales@io-maga.com
TEL: 03-6384-5740