プロが教えるコンプライアンス 初級・中級のeラーニングコンテンツを販売

eラーニングイノベーションカンパニー<br />株式会社イオマガジン

文字サイズ

文字サイズ

メニュー
サイト内検索
eラーニングイノベーションカンパニー株式会社イオマガジン

ビジネス講座ラインナップ

Business course lineup

プロが教える
コンプライアンス 初級・中級
【不祥事が起きる前に!】

近年あらゆる企業で重視される「コンプライアンス」は、会社の法務部だけではなく、新入社員から幹部社員にいたるまで、理解と実践が求められる時代になりました。本コンテンツはますは「初級・中級」として、コンプライアンスの基本的な考え方と、身近な事例を学びます。コンプライアンスとは具体的に何を指すのか?社内の誰の仕事なのか?企業倫理とは何か?リスクマネジメントとは?といったベースを学び、最後に身近な問題として実際の事例を取り上げ、理解を深めます。

一部講座の内容がご覧いただけます。(1分30秒程度)

*ブラウザのchromeで動画を閲覧できない方は、chrome画面の右上にある『Chromeの設定』アイコンをクリックし、その中の『設定』を選択。一番下の『詳細の設定を表示』をクリックし、『ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する』のチェックを外してください。

講師/浜辺陽一郎氏

青山学院大学大学院法務研究科(法科大学院)教授、弁護士。1984年司法試験合格、85年慶応大学法学部卒業、87年弁護士登録(第二東京弁護士会)。渡米し92年シカゴの法律事務所に客員外国弁護士として勤務。95年ニューヨーク州弁護士資格取得。その後大手法律事務所パートナー等を経て、弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニックに弁護士として所属。


目次構成

1章 コンプライアンスとは何か?

  • 単なる「法令遵守」では不十分!
  • 検討の対象
  • 不祥事防止に向けた意識改革が求められる!
  • コーポレート・ガバナンスの目的
  • ステークホルダー理論

2章 コンプライアンスは誰の仕事か?

  • コンプライアンスは誰の仕事か?
  • 会社だけでなく、自分を守るためにも必要なコンプライアンス
  • 「内部統制」の制度化
  • 内部統制の定義(目的)

3章 企業倫理

  • 「企業倫理」とは、どこに書いてあるのか?
  • 社会的責任(CSR)論を重視した経営⇒「CR」への動きも
  • 企業倫理遵守の必要性
  • 経済団体の取り組み状況
  • 企業倫理 ≠ 一般市民の倫理、社会常識?

4章 リーガル・リスクマネジメント

  • 不祥事が明るみに出やすい経営環境
  • あらゆる変化の流れがコンプライアンスを要請している!
  • 自分たちだけが聖域であるとの認識はもう持てない!
  • 高度情報化社会で、顕在化リスク・訴訟リスクが高まっている!
  • 独占禁止法違反となる談合の禁止
  • 独占禁止法違反に対する「制裁減免制度」(リニエンシー)

5章 身近なコンプライアンス問題を自覚する

  • 身近なコンプライアンス問題を自覚する
  • 不祥事例(懲戒処分例)の検討
  • 1 セクシュアル・ハラスメントとジェンダー・バイアス
  • 2 職場でのいじめ
  • 3 情報管理
  • 4 知的財産権
  • 5 税法

*使用期間は1年となります。テスト問題、LMSへの導入についてはお問合せください。
*また、購入に際しては、すべて視聴いただけるアカウントを発行しておりますので、
 お気軽にお問合せください。

  • 発売元 : 株式会社イオマガジン 制作元 : 株式会社 城南進学研究社

メディア

Media

オトナの学びをテーマに各著名人にインタービューするフリーペーパー「ラーニングイノベーション」発行。WEBでも閲覧できます! 詳しくはMoreをCLICK!

お問い合わせ

Contact

サービスやシステムに関するお問い合わせはこちらから
TEL:03-3407-3901
受付時間:平日10:00~17:00



株式会社イオマガジン
〒107-0062 港区南青山6-2-9KSビル8F
TEL:03-3407-3901
FAX:03-3407-3902

株式会社イオマガジン


株式会社イオマガジン
〒107-0062 港区南青山6-2-9KSビル8F
TEL:03-3407-3901
FAX:03-3407-3902

PAGE TOP